MENU

 

新車を買う場合、ディーラーへ行くわけですが、

 

 

前もって準備しておくべきデータが3点あります。

 


 

 

それが以下の3点です

  1. 競合車情報
  2. 最近の値引き額の相場
  3. 下取り車の売却相場

 

特に新車を安く買いたい人の場合は、

  1. 値引き額をアップ
  2. 納車費用などの手数料削減
  3. 下取り車の査定額をアップ

 

この3ポイントを徹底的に追及するしかありません。

 

 

値引きアップ編

 

値引きアップするためには競合車の存在が必須条件になります。

 

たまに、競合車を立てないで商談に入る方がいらっしゃいますが、EV車である日産リーフなど良い競合車が無い等は仕方ありませんが、競合車がないと値引き額が伸びない傾向があります。

 

よって、競合車を立てるというのはいまや必須条件になります。

 

次に、最新の値引き額の情報を前もって調べて知っておくという事です。

 

当サイトでも各ページ毎に商談に向いている競合車と今月の値引き相場をご紹介していますので参考にして下さい。

 

 

下取り査定額アップ編

 

下取り車がある方は売却相場を調べてからディーラーへ行くということです。

 

新車を購入する場合、ディーラーが乗っている愛車を下取りしてくれますが、今では一般的に

 

買取店の買取価格 > ディーラー下取り提示額

 

なんですね。

 

よって、今では下取りに出すよりもガリバーやビッグモーターなどの買取専門店に売却した方がお得という場合がほとんど・・・という事を知っておいて下さい。 下取り車の売却相場を調べる

 

 

 

 

交渉のポイントはとにかく競合車と比較!

 

車両価格の同じような車種・グレードを選択して一番お得感の高いクルマを買いたい!とやることです。

 

よって、ディーラー1店舗だけで交渉を頑張っても比較対象がないので値引きが伸びません。

 

例えば3車種を競合させると比較対象が増えるので、ライバル車が値引きアップしたので、ウチも仕方がなく値引き額を上乗せ・・・こんな感じで上乗せされやすくなります。

 

よって商談の順番は

 

競合車→競合車→本命車

 

このように本命車の商談を一番最後に持っていた方がユーザー側が有利に進みます。

 

 

下取り車を高く売却する

 

商談の時に見積書を出してくれますが、その時に初めて愛車の下取り額がわかります。

 

 

ここで、新車ディーラーへ行く前に調べておいた愛車の買取査定額が役に立ちます!

 

愛車の買取査定額

 

営業マンに「買取査定額は○○万円でした」と言って下さい。

 

多くの場合は、その金額はウチでは無理なので買取専門店のほうで売却して下さいとなりますが、たま〜に買取価格以上の価格がつく時もあるわけです。

 

よって、愛車の最新の売却相場を知らない状態で交渉を始めると損してしまう可能性が大きくなるというわけですね。

 

お客さん側から根拠のある数字を提供しないとディーラーは納得しないというわけです。

高く売るコツは?
あなたの愛車を最高値で買取してくれる業者を数多くリサーチすることに尽きるのですが、上手にやると最低でも数万円、〜10数万円の差がつくことが多いです。

 

さすがに、自分の足で数多くの業者をリサーチするのは時間が掛かりすぎますので、ネットの無料一括査定サービスを利用すると良いでしょう。

 

在庫が少なくなった業者は相場よりも高価で買取りしている傾向が見られます。

 

ディーラーでの下取り額査定の見積もり額とも比べる事ができますし、最高値をつけてくれた業者に売却すれば良いでしょう。 無料見積もり、2分程度で最大10社もの一括見積もり依頼ができます。

 

数多くの中古車ディーラーで査定するほど、高額買取の業者にヒットする確率も上がります。 つまりたった2〜3分で〜数10万円アップの可能性があるわけです!

 

 

論より証拠

 

 

新車を最安値で買う方法まとめ

  1. 値引きされやすい時期を狙う
  2. しつこいくらい競合させる
  3. 愛車を下取りでなく買取専門店に売る

 

 

 

どの買取業者がベストなのかは迷うところですが、以下のサイトに申込みすればバッチリです!


 

クルマの無料一括査定サイト「カービュー」

 

●全国200社以上の優良業者への売却値を比較できる

 

入力は超簡単の約1分で完了!
あなたの愛車も下取りより高く売れます!